ドコモ光ab(最もお得なプロバイダ)

一番得するドコモ光のプロバイダとは?

ドコモ光の導入を検討している人は、とにかく安くて、回線が安定していて、キャッシュバックが確実に受け取れるところを選びましょう。

当サイトでは回線業者の営業をしていた私がドコモ光で最強のプロバイダーを厳選しています!

ドコモ光の中で一番最強のプロバイダーはどこなのか、月額料金の安さや、キャンペーンの豊富さや、確実に受け取れるキャッシュバックなどから比較していきたいと思います。

キャッシュバックキャンペーンが高額でも申請が複雑で受け取れなかったみたいなことにならないように、当サイトを参考にしてください。

ドコモ光の一番おすすめプロバイダはどこ?

ドコモ光の一番得するプロバイダは間違いなく「GMOとくとくBB」でしょう。

大量にあるプロバイダの中でなぜGMOとくとくBBが一番得するのかといえば、確実にもらえるキャッシュバックや、月額が安くなるキャンペーンの豊富さ、回線の安定性などが口コミでピカイチだからなんです。

なお、ドコモ光と契約するときは代理店を使うのはおすすめできません。

代理店がおすすめできない理由としては、キャッシュバック申請の手続きが複雑になっていて、振り込まれるまでに半年や1年以上かかってしまうからなんです。

詳しいことは当サイトで解説しています。

ドコモ光にGMOとくとくBBから申し込みを検討しているという人は、次のページから申し込めば簡単にキャッシュバック申請を完了することができます。

プロバイダ選びをやることによって具体的に何のメリットがあるのか?

プロバイダ各社を比較検証する前に、プロバイダの違いについて解説していきたいと思います。

光ファイバ自体はドコモ光だったとしても、プロバイダを変えることによって以下のような箇所が変わってきます。

キャッシュバックの金額やオプションの要不要、Wi-Fi端末が無料かどうか、回線速度の安定性。

どこをどういう風に選んでいけばいいのか検証していきたいと思います。

選び方1 月額料金が安いタイプかどうか

まずそもそも、ドコモ光はプロバイダによって月額料金が変動します。

料金が数百円高いタイプBと安いタイプAがあります。それぞれの対応プロバイダは以下になります。

戸建て月額料金 タイプA:5,720円 タイプB:5,940円

マンション月額料金 タイプA:4,400円 タイプB:4,620円

タイプA:ドコモnet、ぷらら、ビッグローブ、DTI、GMOとくとくBB、@nifty

タイプB:OCN、@Tcom、AsahiNet、TNC、WAKWAK、ちゃんぷるネット

実を言うと、このタイプというのは回線が速いとか遅いとかそういう問題ではなくて、ドコモとどういう契約体系をしているかによるのです。

タイプAでもBでも回線速度が速いとかの違いはないので、正直どちらを選んでも変わりません。

毎月数百円の違いだったとしても、年単位で考えると数千円以上の差額になります。なので、プロバイダはタイプAから選んだ方がいいでしょう。

タイプAとタイプB以外のタイプもありますが、さらに高いタイプになるのでそういったプロバイダはおすすめできません。

選び方2 回線が安定しているかどうか

次のポイントとして、回線速度はどれくらいのスピードが出て、快適性はどれくらいあるのかをチェックしましょう。

そもそもドコモ光の回線速度はどれくらいでるのでしょうか?最高速で1Gbpsとなっていますが、これは理論値に過ぎません。

光回線の本当の速度を知るためには、実際に使っている人の回線速度を調べるのが一番手っ取り早いですね。

GMOとくとくBB 284.7Mbps

ドコモnet 253.5Mbps

OCN 236.0Mbps

@nifty 203.9Mbps

ハイホー 100.8Mbps

上記の一覧表のように、プロバイダ如何によってはこんなにもスピードに開きがでてしまうのです。

なぜこういった違いが生まれるのかというと、最新規格に準拠しているプロバイダかどうかなんです。

他にもWi-Fiルーターの端末の最新機種を使っていたり、プロバイダの設備などによっても違いが生まれます。

選び方3 Wi-Fiルーターが無料かどうか

また次のプロバイダの選び方のコツとしては、無料でWi-Fiルーターが使えるかどうかをチェックしましょう。

スマホでもゲームでも直接4Gの回線につながないで、Wi-Fiを経由してつないでいる人が多いと思います。

このWi-Fiを飛ばしているルーターを無料でレンタルしてくれるプロバイダと、有料でレンタルしているところがあります。

Wi-Fiルーターを無料でレンタルできるところは次のようなところがあります。

無料レンタルあり:ぷらら、ビッグローブ、OCN、hi-ho、GMOとくとくBB、@nifty

無料レンタルなし:ドコモnet、DTI、@Tcom、AsahiNet、WAKWAK、エディオンネット

一例として、ドコモネットは端末レンタルで毎月の月額料金に300円が加算されます。

ルーターは種類が多くて、間違ったものを選ぶと回線速度が落ちてしまったり、安定しなかったりします。

機械選びは苦手という人は、Wi-Fi端末の無料レンタルができるプロバイダを選びましょう。

選び方4 キャッシュバックの金額

プロバイダ選びの4つめのポイントとしてはキャッシュバックがいくらもらえるかです。

主要なプロバイダのキャッシュバックキャンペーンは以下のようになっています。

GMOとくとくBB CB額:20,000円 受取時期:5ヶ月後

OCN CB額:20,000円 受取時期:2ヶ月後

@nifty CB額:20,000円 受取時期:12ヶ月後

plala CB額:15,000円 受取時期:5ヶ月後

これらのプロバイダ以外でキャッシュバックはやっていないのでもらうことはできません。

プロバイダ各社どこを選んだとしても、ドコモ光の月額料金基本プランや最高速度などは違いがありません。なので、一番得するところを選びましょう!

なおどこのプロバイダで契約したとしても、ドコモ光がやっている工事費無料特典は受け取ることができます。

ドコモ光の優秀なトップクラスのプロバイダを比較!

では、ここまでのポイントを踏まえて、主なプロバイダの比較表を見てみましょう!

GMOとくとくBB 平均速度:284.7Mbps CB額:20,000円

ぷらら 平均速度:228.4Mbps CB額:15,000円

@nifty 平均速度:203.9Mbps CB額:20,000円

hi-ho 平均速度:100.8Mbps CB額:なし

ビッグローブ 平均速度:240.3Mbps CB額:なし

一番おすすめのプロバイダはGMOとくとくBBです。タイプAで回線速度も高速で、端末も無料で使えて、2万円のキャッシュバックも付いています。

最近では在宅勤務でテレワークやリモートワークなどが増えてきていて、高速設備が必要になってきています。

ネット環境はなるべく高速で安定していることが大切だといえるでしょう!

一番特典が豪華で一番サービスが充実しているのがGMOとくとくBBです!

あらゆる切り口からおすすめできるのは「GMOとくとくBB」ですね。回線の速度も速くて安定していて、キャンペーンも充実しています。

パソコンだけでなくてタブレットやゲーム機などでもWi-Fiを使いたい人のために、高速の最新機種をレンタルしてくれます。

GMOとくとくBBは公式サイトから申し込むことにより高額キャッシュバックなどの特典を受け取ることができます。

GMOとくとくBBのメリット3つ

メリット1 口コミがよくて回線が安定している

GMOとくとくBBでは、毎月サイト上で実際のユーザーの実測値を後悔していて、最新のものだと下りが平均で340Mbps、上りが300Mbpsとなっていて、かなり高速ですね。

GMOとくとくBB以外の競合他社のプロバイダを見てみると、実際の生データなんて公開していないので、どれだけ自信を持っているかがわかりますね。

公式サイトのデータだけではなくて、SNSなどの口コミも参考にしてみると、600Mbpsくらいでているひともたくさんいるくらいです。

なぜこんなにも回線速度が速いのかをGMOに聞いてみたところ、設備投資をかなり投資資金を上げているとのことです。

他にも、プレステやスイッチなどのゲーム機でも快適に使えるという口コミがたくさん寄せられています。

このコロナの状況では家にいる時間が圧倒的に増えてきているので、さくさくと快適なインターネット環境というものはとても大切ですね。

メリット2 高額な機材を無料でレンタルできる!

GMOとくとくBBでは実際に購入すると1万円以上もする高級なWi-Fiルーターを無料でレンタルしてくれます。

さらに、この端末をGMOで初期設定を終わらせてくれているので、家に届いたらUSBを接続してすぐに使うことができるという優れものです。

メカに詳しくない人は面倒な設定などをせずに直接使えるというのはとても優れているといえるでしょう。

工事の日程が決定すると、電話でルーターレンタル手続きの案内がかかってきます。

工事日程までに到着するように、この案内がきたらすぐに手続きをするようにしましょう。

メリット3 2万円の確実なキャッシュバック

GMOとくとくBBのキャンペーンサイトから契約すると、光回線の本契約のみで、オプション一切不要で、2万円もの現金をキャッシュバックしてもらえます。

2万円のキャッシュバックをもらえる@niftyではスカパーなどのオプションを同時に申し込まなければ2万円を満額手に入れることができません。

たとえばキャッシュバックがギフト券やポイントだったりするところもありますが、こういうところはそのお店でしか使えないので利便性が悪くて、現金でのキャッシュバックがもらえるプロバイダが一番おすすめです。

こういった点では、GMOとくとくBBなら5ヶ月後に現金で振り込んでもらえるので、とても便利ですね。

GMOとくとくBBのデメリットとは?

デメリット1 回線スピードが安定しないときもある

光回線のスピードが高速で安定していると有名なGMOとくとくBBですが、不安定になってしまう瞬間もあるにはあります。

光回線やその他の固定回線は、その家の立地条件や、角部屋かどうか、近くにマンションが密集しているかどうかなど、あらゆる条件に左右されるので、ある程度の回線速度は予測できても、本当のスピードというのは実際に導入してみるまではわからないものです。

ですが、光回線を選び抜いて、プロバイダを選び抜いて、工事の時間をさいて、せっかく導入したわけですから、遅いのは避けたいですよね。

光回線を使用中に遅くなってしまったり、回線が不安定になってしまったりしたら、v6プラスで接続中かどうかを確かめてみるというのも一つの手ですね。

GMOとくとくBBの光回線がなんか遅くなってしまったな…とか、接続が途切れるようになってしまったな…と感じた場合は、とあるサイトにアクセスしてv6プラスで光回線に接続されているかどうかを確かめましょう!

そもそもv6プラスでインターネットに接続するというのは、GMOとくとくBBのルーターなら自動的にできているものなのです。

v6プラス接続を実際に利用しているお客さんの口コミを見てみると、かなり早くなったという口コミをよく見かけますね。

上記のチェックサイトでv6プラス接続が確認できたのにもかかわらず、回線速度が遅いままだった場合はWi-Fiルーターの端末を電源を入れ直してみましょう。

デメリット2 キャッシュバックの申請に注意が必要

GMOとくとくBBは、光ファイバーが開通してから4ヶ月目にキャッシュバックの案内通知メールが送られてきます。

この申請の案内メールが送られてくるのは、ドコモ光を契約したときに登録したメールアドレスに送られてくるので注意しましょう。

どういうことかというと、GMOとくとくBBのキャッシュバック案内メールは、自分のメールボックスを見ているだけではだめで、自分でアクセスする必要があります。

以上のようなことから、ドコモ光が開通したらキャッシュバックの案内メールが送られてくる時期をカレンダーに記しておきましょう。

キャッシュバック申請は期限があって、メールが到着した翌月の末日までとなっております。経過してしまうともらえないので注意しましょう。

プロバイダだけを変更するには?

ドコモ光のプロバイダ変更方法や費用を確認しておきましょう。

もしもプロバイダが自分にあわなかったときは、次の手順で変更が可能です。

1,カスタマーサービスやショップに問い合わせる

2,書類が送られてくる

申し込みからプロバイダを切り替える日数は最短で1週間くらいです。希望日があるのであれば自分で申し込むこともできます。

なお、ドコモのお客様センターはドコモの携帯から151ですぐに接続することができます。

電話がつながらないときは、公式サイトから予約をするとすぐにつなげてもらえるようになります。

ドコモ光のプロバイダを変更すると手数料が3300円かかるのでご了承ください。

ドコモ光で一番最安のプロバイダとは?

ドコモ光のプロバイダは山ほどあって本当に優秀なプロバイダを選ぶのに苦労している人は多いのではないでしょうか。

そもそも、ドコモ光は契約するプロバイダによってキャンペーンや回線速度や安定性などが違ってきます。

ドコモ光の中で大量にあるプロバイダの中でも、確実に受け取れる受け取りやすい高額キャッシュバックをやっていて、キャンペーンが充実しているのは、ダントツで「GMOとくとくBB」になります。

当サイトでは光回線のプロバイダを知り尽くした管理人の私が、あらゆる視点から徹底比較した最強のプロバイダを厳選しています!

当サイトを一度読んでいただければ、ドコモ光のプロバイダで一番得するところがわかっていただけると思います。

ドコモ光のプロバイダ選びのポイント!

自分が一番満足できるようなプロバイダを厳選するために見極めるコツを解説していきたいと思います。

ですが、このコツなどを解説する前に、まずはプロバイダの基礎知識について身につけておきましょう。

そもそもプロバイダというのは、インターネットの世界に入るための関所のような役割を果たしており、かならずこのプロバイダをかませないとインターネット回線には接続できないようになっています。

ほとんどの光回線はプロバイダとセットになっていることが多いのですが、別に契約することも可能なんです。

また近年になって、プロバイダ経由から光回線を申し込むことにより、今までになかったような得するキャンペーンを適用してもらえることが多くなっています。

ドコモ光で選べるプロバイダには、GMOとくとくBB、DTI、ぷらら、ドコモネット、などなど多彩なラインナップがあります。

とはいっても、キャンペーンなどの特典の充実度は各社異なっていて、プロバイダ選びを間違えると大幅に損してしまう可能性もありますので慎重に選びましょう。

ポイント1 現金キャッシュバック

ドコモ光のサイトやショップなどではなくて、プロバイダのキャンペーンサイトからドコモ光を契約することによって、いろいろな特典を受け取ることができます。

一番高額のキャッシュバックを受け取ろうと思ったら、オプション条件が不要なところのキャンペーンを受け取れば最高額を手に入れることができます。

たとえばですが、GMOとくとくBBのキャンペーンだったら2万円もの高額のキャッシュバックをしていて、ドコモ光の数あるプロバイダの中では一番高い金額となっています。

ポイント2 基本料金が安いかどうか

ドコモ光ではプロバイダを自分の意志で選択することができますが、毎月支払う基本料金はいくつかに分かれており、中でもタイプAのものを選びましょう。

星の数ほどあるドコモ光のプロバイダの中でもタイプAとBがありますが、これは金額が違うだけであって、中身は全く一緒なので安心してください。

また他にも、単独タイプといわれている、プロバイダとセットになってないプランでは、基本料金は安くなっていますが、プロバイダとの契約が別個に必要になってくるので、結果的には高くなってしまう計算になります。

ポイント3 接続機器やルーターの無料レンタル

プロバイダの中には、光回線を快適に楽しむためのルーター端末を無償でレンタルしているところもたくさんあります。

Wi-Fiルーターを接続することにより、家中どこにいてもタブレットやパソコンやスマホで光回線を楽しむことができるので、端末はあった方がいいですね。

プロバイダの中には超高性能な高額な端末を無料でもらえるところもあるので、Wi-Fiルーターをすでにもっているという人でも、さらにバージョンアップされた機種を手に入れる機械なのではないでしょうか。

ポイント4 セキュリティのサービス

プロバイダによってはセキュリティ対策ができるソフトを無料でレンタルしているところもあります。

無償のオプションとしてセキュリティソフトが使えるのは、2年くらいなので、パソコンを安全に使うためにもこういった対策をきちんとしておきましょう。

ポイント5 回線のスピードと安定度

ドコモ光のダウンロードの最高速度は1Gbpsとなっていますが、プロバイダの選び方を間違えると十分の一くらいになってしまうことも十分あり得ます。

そもそもインターネットというのはエリアごとに基地局が設置されていますが、そのエリアごとにプロバイダの設備が設置されています。

なお、エリアごとに設置された利用者が多いほど混雑して回線が不安定になったりします。

v6プラスという接続方式になっているプロバイダを選択して、v6プラスに対応したルーター端末を使えばこの問題は解消されるでしょう。

v6プラスという接続ならアクセスポイントが集中する箇所が発生しにくいので、回線がいつでも快適なハイスピード状態を保っていられるということになります。

以上、ドコモ光のプロバイダを選び抜くコツをたくさん解説してきましたが、すべてのいい条件を満たしているのはダントツで「GMOとくとくBB」なので、ドコモ光を検討している人はぜひおすすめです!

ドコモ光で一番おすすめのプロバイダはこれだ!

ドコモ光を契約するときにどのプロバイダが一番お得なのか、何個かのプロバイダを一覧表にしてみました。

v6プラスという技術はプロバイダの接続方式で、混雑しない最新の方式となっています。

自分が使っているエリア内で同時に接続する人が一時的にでも増えてしまうと回線が遅くなってしまいますが、そういったことを回避できるようなメカニズムとなっています。

v6プラスを使っていて回線が遅いという口コミを見たことがないくらいの早さで、v6プラス方式を採用しているプロバイダがそういう意味でもおすすめです。

GMOとくとくBB キャッシュバック:20,000円 タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

@nifty 20,000円 キャッシュバック:20,000円 タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

ぷらら 15,000円 キャッシュバック:15,000円 タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

OCN 20,000円 キャッシュバック:20,000円 タイプA:× 無料ルーターレンタル:× 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

DTI キャッシュバック:なし タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

BIGLOBE キャッシュバック:なし タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

上の一覧にあるように、GMOとくとくBBや@niftyなどは最高金額の2万円もの高額キャッシュバックをしていて、他の観点から見てもすばらしいプロバイダです。

GMOとくとくBBはさらに、無料でもらえるWi-Fi端末があるので、かなりメリットが多いといえるでしょう。

GMOとくとくBBでもらえる端末は高価なものが多いので、最高速度が非常に速い商品のラインナップがそろっています。

どれくらい高速なのかを表すために、GMOとくとくBB以外の端末と比較してみたのが下記の一覧表になります。

GMOとくとくBB WSR-2533DHP3(BUFFALO) 小売価格:約9000円 1733Mbps 800Mbps

ぷらら WN-AX1167GR2(IODATA) 小売価格:約5000円 867Mbps 300Mbps

@nifty WRC-1167GST2H(ELECOM) 小売価格:約7000円 867Mbps 300Mbps

上記の一覧を見てみると、GMOとくとくBBで無料でもらえるルーターが他のプロバイダのものよりダントツで早いですね。

ルーターの端末はすべて5Ghzと2.4Ghzを使用することができますが、それぞれで最高通信速度が変わってきます。

v6プラスという最先端の高速通信が使える環境にいるのであれば、端末機器も最新の超高速で通信できるものを使えば鬼に金棒ですね!

最先端の超高速端末を無料で手に入れられるのですから、GMOとくとくBBは他のプロバイダよりもすばらしいプロバイダだといえますね。

なので、ドコモ光のプロバイダはGMOとくとくBBが一番おすすめです!

最強のプロバイダは「GMOとくとくBB」

GMOとくとくBBは東証一部上場企業のGMOが運営しているプロバイダで、ドコモ光を検討している人には一番おすすめのプロバイダです。

GMOとくとくBBはオプション条件なしで2万円ものキャッシュバックがもらえて、この金額はドコモ光のプロバイダの中では最高峰となっています。さらに次のようなボーナスももらえます。

1,dポイント最大2,000pt

2,Wi-Fiルーター無料レンタル(v6プラス対応)

3,ドコモ光専用無料訪問サポート(1回)

4,セキュリティ1年間無料(マカフィー)

上のような特典がたくさん付いているので、光インターネットを快適に使えると思います。

ドコモ光を公式サイトから契約すると、ドコモのポイントが1万ポイントもらえるだけですが、GMOとくとくBBを経由して申し込むことにより2万円もの現金がすぐにもらえます。

たとえばですが、契約期間が2年間だったとして、キャッシュバック金額を2年間の総額から引くと、1ヶ月あたりの実質的な月額はかなり安くなると思います。

もしドコモ光公式サイトからキャッシュバックなしで申し込んだら月額がだいたい4500円くらいになり、GMOとくとくBBのキャッシュバックで割引をしたら3800円くらいになります。

GMOとくとくBBなら実質月額料金がかなり安いというメリットがありますが、さらにいいところは通信速度がハイスピードで安定しているというところではないでしょうか。

GMOとくとくBBなら、圧倒的に高速通信ができるv6プラスに対応している接続方式で、ハイスペックなルーター端末を貸し出してくれるのでおすすめです。

GMOとくとくBBの場合は、通信速度が速いという口コミが多くて、100Mbpsを下回ったら100円相当のポイントをもらえるというサービスも実施しています。

プロバイダだけを変えたいときは?

ドコモ光を現在利用している人は、プロバイダを変えてみたいと思っている人もいるのではないでしょうか。

この項目では、ドコモ光のプロバイダを変更手順について詳細について解説していきたいと思います。

プロバイダを変更する時の料金

ドコモ光でプロバイダを変えるときは、次のような費用がかかるようになっています。

ドコモに支払うプロバイダ変更に伴う事務手数料が3300円、プロバイダの違約金などです。

なお、単独タイプからタイプAまたはBへの変更は事務手数料がかかりません。

プロバイダの基本的なサービスの解約はドコモ光が代わりにやってくれます。

ですが、ドコモ光が代理でやってくれるのはメインの部分のみで、オプションの解約や解約料の支払いなどは自分自身で行う必要があります。

カスタマーセンターに連絡して変更する

プロバイダの基本的なことであれば、次のような手順を使えばプロバイダを変更することができます。

ドコモ光のプロバイダ変更手順というのは、カスタマーセンターへ連絡してショップに行くという手順になります。

しかし一つありまして、それはプロバイダを契約するときにオプションに加入している人は自分から連絡する必要があります。

プロバイダへの追加の連絡が必要かどうかは、ドコモ光に連絡するときに確認しましょう。

プロバイダ変更にメリットはあるのか?

プロバイダ自体の変更はすぐにできてしまうので、満足いかなければどんどん乗り換えていってもいいのではないでしょうか。

プロバイダの乗り換えを検討している人のほとんどが、回線が遅いとか安定しないとかそういう理由があると思います。

こういった回線スピードの不満点をもっている人は、GMOとくとくBBなどの最新のプロバイダがおすすめです。

プロバイダのキャンペーンとドコモ光公式のキャンペーンを同時併用

ドコモ光では、プロバイダのキャンペーンとさらに、以下のような公式キャンペーンを適用することができます。

ドコモ光公式サイトがやっているキャンペーンというのは、セット割りと工事費無料キャンペーンになります。一つずつ解説していきたいと思います。

ドコモ光のセット割り

ドコモ光の公式キャンペーンには、ドコモの携帯ユーザーであれば、持っている回線数x1100円の割引がしてもらえるという大変お得な割引となっています。

たとえば、家族3人暮らしで、全員がドコモのスマホを契約しているとしたら、次のような月額料金になります。

戸建てプラン 月額料金:5,720円 割引額:3,300円 割引後の月額料金:2,420円

マンションプラン 月額料金:4,400円 割引額:3,300円 割引後の月額料金:1,100円

これらのように、家族全員でドコモの携帯を契約している人は、ドコモ光セット割りを使えばめちゃくちゃお得になるんです!

回線工事が無料になる

ドコモ光セット割りにくわえて、工事費無料キャンペーンというものもあります。

ドコモ光の工事費、戸建ての場合は19800円、マンションの場合は16500円が無料になります。

なので、ドコモ光を新規に契約して、申し込みから7ヶ月いないに利用を開始すると、2万円くらいの工事費が無料になる計算です。

ですが、NTT回線を現時点で利用している人は、キャンペーンを使わなくても、工事費無料で使用することができます。

ドコモ光の質問など

ドコモ光のプロバイダの選び方などについて解説してきましたが、ここではドコモ光のプロバイダ、ドコモ光についての疑問点などについてまとめてみましたのでぜひ参考にしてください。

ドコモ光でゲームに適したプロバイダはありますか?

ドコモ光でプレステやスイッチなどのゲーム機を快適に使いたいときは、混雑が起こりにくい快適性が抜群なv6プラスを使っているプロバイダを選びましょう。

とくに通信速度の評判が最高クラスで、割引キャンペーンなども豊富で、高機能なWi-Fiルーター端末を提供している「GMOとくとくBB」が当サイトで一番おすすめのプロバイダとなっております!

v6プラスならアクセスが集中する夕方から夜の時間帯でも混雑しにくく、快適な光ファイバー生活を楽しむことができるでしょう。

引っ越しするときはプロバイダへの連絡も必要ですか?

ドコモ光のサービスを移転させるには、プロバイダに別段として連絡する必要性はなく、ドコモ本体のお客様サポートから手続きを済ますことができます。

なお、ドコモの公式から移転手続きをすると、ドコモの専用ポイントがもらえるので、お得になりますよね。

移転先においては回線工事が必要なパターンもあるので、最低でも2週間以上前からは手続きを済ませておきましょう。

ドコモ光の回線でテレビを見れますか?

ドコモ光のテレビオプションをつけると、アンテナがいらずに無料のBS放送を楽しむことができますし、4K放送も見れます。

テレビオプションは毎月825円かかって、オプションでスカパーや有料放送を見ることができます。

NTTのひかり電話をドコモ光の電話に転用する場合の手続き

転用するときは手続きが必須で、転用した場合には電話番号が継続となります。

また他にも、ドコモ光と光電話を同時に契約したときには、工事費用は無料になります。

プロバイダだけを変えたいのですが?

ドコモ光を契約したあとでもプロバイダの変更はできます。プロバイダの変更はドコモショップから手続きをしましょう。

ですが、プロバイダの変更には事務手数料約3000円がかかります。プロバイダの違いによってドコモ光自体の基本料金も変わったりするので注意しましょう。

自宅に光ファイバーが引き込んである場合

派遣員なしで工事をするというのは、ドコモ光に申し込むときに、以下のような理由で新規に光回線を引き込む必要がなくて、ドコモ光のネットを利用できるケースです。

フレッツやソフトバンクなどからドコモ光へ引っ越しをするときは、光回線がすでに自宅に導入されているので、工事をする必要がそもそもありません。

こういった場合には、すでに自宅に導入されている光ファイバーにドコモ光を接続することができるんです。

派遣なしで工事を完了する場合でも、手数料として2200円が必要になるので注意しましょう。